燃える罪-第二章, – インガー・ガメルゴー・メドセン
ja
Lyd
– インガー・ガメルゴー・メドセン

燃える罪-第二章

Lyt med-app
リヴ・ルケはパードラのスーパー「ネットー」で店員として働いていた。
彼女は、この街にも、自分自身にも、仕事にも、人生にもうんざりしていた。客が誰であるか見なくてもわかるようになっていた。
近所に住む客の殆どや彼らの買い物の習慣を把握していた。
しかしある日、客の一人が彼女の過去、そしてあの運命の日を思い出させるような品物を購入した。それは母親を殺したガス爆発から兄を救った日のことだ。
その客は、あの人......母親の恋人だった。
彼は、母親の死が事故でなかった証拠があると言った。

インガー・ガメルゴー・メドセン(1960年生 )はデンマーク人の小説家。nメドセンは元々、グラフィックデザイナーだった。n2008年に犯罪小説「Dukkebarnet」でデビュー。その後、同じ分野で「Drab efter begæring」 (2009年)、「Slangens gift」(2014年)、「Dommer og bøddel」 (2015年)、「Blodregn」(2016年)、「The Cleaner」(2019年)などを執筆。
0:58:15
Oversætter
Saga Egmont

Vurderinger

👍
👎
💧
🐼
💤
💩
💀
🙈
🔮
💡
🎯
💞
🌴
🚀
😄

Hvad synes du om bogen?

Log ind eller tilmeld dig

Åbn appen og lyt

Bookmate tilbyder nu lydbøger! Vi har i stakkevis, som du kan lytte til, men i øjeblikket kan du kun gøre det på din telefon eller tablet via vores apps.

燃える罪-第二章, – インガー・ガメルゴー・メドセン
燃える罪-第二章
1x4:20-2:20:15
fb2epub
Træk og slip dine filer (ikke mere end 5 ad gangen)